そういえば

最近思っていることなんですが。
技術メモと書きながら普通のこと書いています。

正直言えば実際にこのブログを立ち上げたのはTumblrが使いようにならなくなった時にどうしたらいいのだろうかと思い実はこちらにほぼ移したような形。
正直こっちのほうが使い勝手がいいのかな。
正直なことTumblrはアングラ系が多すぎるのも問題なのかもしれない。
AWSに移して思ったのは普通に使えているのがいいですね。
FC2なんてもってのほか。
本当はHatenaも使いたいんだけど。
やっぱこっちを順当に書けるようになってからかな。

実は金曜日に手戻りが発生しまたデータベース系の書き方が変わってしまうという状況になっています。
まぁ、仕方ないのかもしれませんね。
オブジェクトベースの書き方をしながらリレーションにこだわっていたのが失敗のもとになります。

実はWeb系で書いていたプロジェクトですがリレーションにこだわり2度の失敗。
一度目はオブジェクトにこだわりすぎと言われ失敗だと思ってしまったのが自分の失敗ですね。
二度目はリレーションにこだわりすぎてしまい動くと思いつつも動かない状況に陥ったんでしょうね。
結局は自分が正しいことになってしまいました。
やってみないと意外とわからないことが多いです。

悲しいかな正しいことをしていても相手にけちょんけちょんに言われてショックを受け失敗と決めつけてしまう。
これが一番ダメなのかもしれません。
まだこれからも仕事をしながらもがき続けないといけないのかも。

 

今日は仕事はじめ

あけましておめでとうございます。

今日が仕事はじめです。
うーん。
ずれ込んでいる部分を早めにできるように努力しないといけないです。
多分KeyValueに変えてプログラミングしないといけませんね。
KeyValueの受け取りは問題なくできることは今確認しました。
C#のhashtableが使えそうなので実装できそうです。
あとはクエリーの部分ですね。

頑張ります。

今年の抱負

あけましておめでとうございます。
本年も前年同様宜しくお願い致します。

さて今年の抱負ですが。
まずは前立腺炎の再発を避けること。
これにつきます。
去年のハッカソンシーズンにおきてしまったので痛手を負いました。
今年は無理せずガリガリプログラミングをもっとうとして頑張りたいと思います。


アーバンデータチャレンジのツールたちをもっと活かせるようにしたい。
なぜならこの方法はもっと使えるようになるはずなんです。
何故いるMyThingsをYahoo!さんは捨ててしまうのかと言うと思ったより収益が上がらないため上層部から釘を刺されたのでしょう。
MicrosoftFLOWやGithubActions(まだツール群少ないので今回は断念しましたが)・IFTTTなので災害時の簡易発信システムはできることがわかりました。
これを災害時に活かしていきたい。

ハッカソンに一杯参加する
今年はハッカソンに一杯参加します。
フェリーハッカソン断念しようかなと一時流しましたが当選したら行きます。
ハッカソンから得られるものって結構多いです。
だからこそ参加します。
フェリーハッカソン・Hack-Chu(中京テレビハッカソン)・石巻ハッカソン・インターナショナルオープンデータディにも参加します。
MashupAwardsは去年は参加できませんでした。今年は参加地を増やし大垣・名古屋・伊那・金沢・鯖江に行きたいと思います。
福野さん・福島さん襲撃いたしますよ。
お覚悟ください。
青島さん逃げられないフラグ立てます宣言します。
ほそ道マッピング一緒にやりましょう。

いろんな地方組織とブリゲードをつなげる。
これはCodeForGifuの最大課題です。
地方組織とつながりを深めることが重要です。
今年は池田のわかも会・羽島のはしマップ・FMハッチ・各地のJCと岐阜の自治体をCodeForGifuにつなげたいと思います。
彼らの力でサブブリゲードを増やしていきたいと思っています。
そうすれば石井さんの負荷が減るはずです。
國枝くんが代表を半分退いた時に思ったことは地域との接続だと思いました。
俺も頑張らなくっちゃね。
CodeForAichiで成功したんだからCodeForGifuでも可能と思っています。
ですが無理やりやるのではなく相談しながら進めていきます。
無理ぐりはしません。
やれる範囲のことをします。

最大課題はやれてない8言語15フレームワークをなるべく減らす努力をする
去年最後に掲げた目標ですが今後も続けます。
ですが残念ながらマスターしたいものは増えてしまうと思います。
その都度その都度これはOODAで攻めていきます。
PDCAでは追いつきません。
戦略的に進めないと無理です。
上田さんには負けたくない!!
コレでしょうね。

リモートの回数が増えてもいいので各地のITイベントにいく
新鮮な考え方をもっと作りたいと思います。
なので今年は各地のイベントに行きたいと思います。
どんなに遠くても行きたいです。
手始めに金沢に3月行きます。
石巻にも7月行きます。
順次行きたいITイベントがあったら攻めていきます。
現地の皆さんと会えるのが楽しみです。

CodeForJapanとして動きをもっと早くする
去年からROMからフルに近い形に復帰しましたが。
今年はもっと動けるよう努力したいと思います。
実は今の会社を選んだわけはリモートが出来るからではなく色んなことを自分で考え動けると思ったからです。
ですのでなるべく動ける範囲は動きます。

災害時はもっと的確に動く
IT-DARTとの協力体制が結べるはずなのでもっとその活動をしていきたいと思います。
雪害がこれから起きると思います。
そのときにはリアルタイム性が要求されます。
雪で閉じ込められるこれが一番怖い。
トラックが止まるとどれだけの損害が出るのかと言うと数千万が1日で吹っ飛びます。
水害も地震もまだまだ対策不足です。
今後はコーディネータと兼務してクライシスマッパーとして復帰します。
実は2014年の雪害ですが期間限定でクライシスマッパーとして参加していました。
これからはそういった人材もあわせて育てていきたいと思います。

災害ツールを作りたい
去年実はAI派に阻まれましたが災害ツールを作りたいです。
これは絶対やりたい。
思うのですが作る作るといって一番実現されていないのがこの分野です。
なのでCodeForKanazawaの福島さんと協力体制を結びこれを実現したいと思います。
何故ならこれこそが一番の課題だからです。
岐阜でも去年は7月の水害被害から始まり9月から10月にかけての台風被害などがありました。
残念なのは外に発信しているのは極一部の人間だけで地域コミュニティに固まってしまう。
これを一番避けたいと俺は思っています。
ですのでいち早くこれを実現できるように持っていきたいと思っています。
多くのシビックハッカーの力が必要なので頑張りたいですね。

仕事を無理なくする
去年は10月MTGフォレストさんにJOINしました。
リモート作業ができるようになり色んな活動にも手を出せるチャンスが増えてきました。
これを活かしたいと思います。
ですので今年の仕事での課題はむりなく仕事をするです。
色んな挑戦はしていますがEntityFrameworkやLINQに昨年末振り回されました。
今年の仕事での課題は新しいフレームワークより自社API使ったデータベースプログラミングを考えていきたいと思います。
そうすればもっと開発は楽になると思います。
今書いている途中なのでもうしばらく待ってもらう必要はあると思いますが方策は見つかっています。
なんとかなると思わないと仕事にならないです。
頑張りますよ。

前々職の連中と酒を飲みたい&支援したい
これは何故なのかと言うと前々職の方々には自分のワガママを聞いて背中を押して頂いたご恩があります。
特にメカニック田中会長・田中社長、三和シャッター工業(株)中部ドア管理係の皆様・岐阜工場管理課の皆様・工程四係の皆さんには大変お世話になりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
これからが繁忙期(IT業界も変わりませんが( ̄▽ ̄)www)と雪害問題。
これに対しては連絡いただければできうる限り支援します。
道路状況についてはLinebot・Tweetbotで対応可能です。
専用のもの準備しますのでを連絡ください。
連絡いただければ発信できる対応いたします。
たぶん検査書も忙しくなったら連絡くださいね。
OneDriveで共有できるようにしたいと思います。
連絡いただければ準備しますので土日はハッカソン行っていないければサポート出来ますのでまずはLINEに連絡ください(LINEアカウントは谷さんが知ってます)。
今年の夏(盆あたり)か大垣まつりあたりに絶対飲みにいきましょう。

今年も一杯目標がありますが頑張りたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

今年はいっぱいありました。皆さんありがとうございました。

うーん。

今年は一杯ありすぎました。
なぜなら天職を見つけるまでが苦労しました。

RPAが本当に使えばこれが本職になる予定で頑張っていました。
ですが、上手くいきませんでした。
予想外のツールの使い勝手に振り回され続けていることが困難でした。
正直言えば苦しみでいっぱいでした。
そこでお願いしたのが今の会社であるMTGフォレストさんでした。
実は本心はRPAはまだこれからの技術であり本当はプログラミングをしたかった。
これを見切られてました。
10月から再転職。
今の会社に入ったわけですが。
リモートができるのがありがたいです。
と言うのもパソコン一台あればどこでも仕事ができるわけです。
これは非常に助かりました。
実はまた壁に行き当たりました。
これはC#のEntityFrameworkが思ったよりSQLより使いにくいといった点でした。
これは昔からPHPでSQLを書いていた自分にとっては別段問題はない状況でした。

使いやすいモジュールを作れば良いってことです。
実は昔HTML5→AJAX→JSON→PHP→MySQLのプログラムを書いていたのでそんなに難しいことではないことを知っていました。
むしろ新しい技術を使うことによる不安定動作を気にするべきでした。
これが今年の大反省です。

新しい技術がそんなに良い技術かと言うとそうではないってことです。
古い技術でも新しい書き方ができるってことです。
だからこそ言えることは無理して新しく楽になる技術を選ぶ必要はないってことです。

来年の1月2週目からは忙しくなりそうですが。
1月のフェリーハッカソンも2月のHack-chuも池田町のわかも会支援もする予定です。
そして3月は金沢にそして夏には石巻に行きます。

それは予定していないことでも挑むことにより技術を高めることが可能になると思っているからでもあります。
来年は更に忙しくなりますが頑張ります。

今やっとシビックテックボットのSlackBot版が安定しつつあるのでこれを進化させることが目下の目標です。
これを正月休み中にはなんとかする予定です。

来年もよろしくお願い致します。

なんとか解決できました。

なんとかうまくいきました。
なぜなら頑張ってみたからです。

あと、実は実行制限をMicrosoftFlowに付けました。
残りはフリーで使えるIFTTTで解決しました。
これでなんとかいけそうですけど。
情報が大丈夫なら良いんだけど。
TwitterとFacebookの情報だけなので。
これがうまくいけば災害にも使えそうです。
大規模災害が起きなければ良いんですけど^^;。
速攻で使いたくない。
やり方が特殊すぎて人に教えられない。
本業でも行き当たった問題ですが。
人に扱えるようにしてから手渡したい。
これが最大の目標ですね。

久方ぶりに大晦日ハック

いやぁ、大晦日ハッカソン参加しちゃいました。
IFTTTを操るのって難しいですね。
今Slackbot作っているんですが。
その理由はCivicTechやCivicHack情報が実はSNSに散乱しているんです。
これをまとめたいと言った考えでやってるんですが。
残念ながら、GithubActionsは使えませんでした。
これで諦めるに俺ではないです。
IFTTT使っちゃいました。
ですがブチ切れそうになりました。
それは欧米のCodeForと名乗ったエロサイトの壁。
これって城壁と言いませんか。
これこそトランプ大統領に規制して欲しいことですよ💢💢💢。
ポルノバンザイとほざくなら消えてくれ(これは本心。いる情報が取得できない。)
あなた(トランプ大統領)はどう思っているのでしょう。
ほんま怒りでいっぱいでした。

なんとかいる情報をゲットできるようでバックしているんですが。

なかなか難しい。

まさかの貫徹コースだぜ。

これじゃ困ります。

なんとかしてくれ。
トランプさんよ。

これを思いましたね。

23:45まではデバックします。
これまでは年末の挨拶しません。

ガッツでがんばりますよ。

停滞してる

今作ってるプログラムですが。
LINQやEntityFramework を使ってリレーション張っているためデータベースの更新系でハマりまくってます。
一応三画面のためにカスタムSQLを別クラスに作ってやりましたが。
めんどくさいのですが。
ほかの画面でも同じことをしないといけなさそうです。
なんか思ってるほどはかどってません。
仕方ないからInsert・Update・Selectのモジュールさくっと作っちゃいますか。
そうしないと待ってばかりいても時間がかかるばかりなのでその選択しかなさそう。
一からSQLを書く方法を教えてるより俺が書いた方が早いような気がしてきた。
なぜなら4年前に同じことをやった経験があるので経験者に任せた方が早いと思う。
その時は一人開発だったんだけど時間はそんなにかかっていなかったような気がする。

やるしかなさそうだな。

23日に池田町わかも会のクリスマス会に行ってきました。

私の個人の用事だったんですけど池田町のわかも会のクリスマス会に行ってきました。
伊藤県議を応援していた時のお知り合いとも再開し名刺交換。
それとHack-Chuに向けての人員確保。
いろんな動きをさせていただきました。
今考えていることはCode Forブリゲードと地域組織をどう結び付けるか。
これが一番のこれからの課題になってきます。
早速ですがCode For GifuのFacebookグループに支援できないか相談をかけています。
地域をどう巻き込んでオープンデータを進めていくかも実際の課題になってくるのかもしれませんね。
そういえば今焦っているのは本業もあせってますが。
アーバンデータチャレンジの踏み台をまだAzureに作ってません。
どうやればFlowのモジュールを一個で終えることができるかも思いつきましたが。
それの準備が終わらなければならない。
今週の夜の課題ですな。
それと仮想環境をもう一つ用意してハッカソンなどで移動中に仕事ができる環境を作っておかねばいけない。
ということはAzureのアカ二つ必要ってことですなwww。

AWSでブログ書き始めます。

ども、松野です。

ついにAWS完全移行です。
やっと移行完了って感じですね。
ブログが完成しないとやっぱだめですね。
簡単な方法でできるということを知ったのでこれで安心して使えますね。
実際のプログラムについても書いていこうと思っています。
Tumblr同様宜しくお願いします。

岐阜で行われたアーバンデータチャレンジ合宿に参加しました。

ども松野です。
先週土曜日から昨日までアーバンデータチャレンジ合宿ということでドリームコアにて合宿がありました。
土曜日はMAマイスター兼俺得Hero青島さんの襲撃に始まり昨日はCodeフレンズの今井社長からKintoneワークショップをうけている最中にZipFMキッズスマホ開発スクールの大垣塾長であるおざきしめじの慎ちゃん(尾崎社長)と逢坂くんの登場。
そのあとはわが師ジャンこと斎藤先生の登場。
まぁ、なんて豪華な合宿だったんでしょう。
途中にわが母校日本総合ビジネス専門学校の教務主任市川先生や椙山女子大の向先生もお見えになりました。
なんとネタは尽きません。
土曜日はジビエ料理チャレンジの予定ですが急遽ご当地グルメを使った手巻き寿司チャレンジに変わりましたがこれが大盛況でした。
残り物があったため日曜日もおにぎりチャレンジの追加開催。
楽しかったです。

ここでエントリーの課題を実は見つけそれを対応していました。
その問題点とは『シビックテック情報の煩雑化の解決』です。
この解決にどんな手法を使おうとしたかをざっとご紹介しておきたいと思います。
最初使おうとしたのはFacebook Graph APIを用いて情報取得に試みたのですが最近APIの仕様が変わり不可能ということがわかりました。
その次に使ったのがMicrosoftFlow(https://flow.microsoft.com/ja-jp/) です。
MicrosoftFlowとは何をするツールかというとIFTTTと同じで自動化Flow作成ツールです。
ここでキーワード検索した結果をSlackにBotを作成し吐き出すことにしました。
実はこれには失敗談が半日でMicrosoftFlowの無料枠全部を使い切ってしまいました。
それは仕掛けたFlowに問題がありました。
23個のフローに処理をさせていたということとリアルタイムの取得に挑戦したため常時チェックが走ってしまったことでした。
非常に残念ながら合宿中に課題を残してしまいました。
ですがご安心をアーバンデータチャレンジにエントリーはしました。
今後はクロールフローの改善とIFTTTの利用・GithubActionsがもしベータが出てくれるのであれば使用したいと思います。
最終的にはSlackbotとLinebotを準備しようかと思っています。
昨日のプレゼンの資料載せておきます。
https://docs.google.com/presentation/d/1aj9CtqLjfIR4-r3wb7-zmrBmWxf46AHbVnsxN4b5zBo/edit?usp=sharing
合宿にやったことはここまでにしておきます。

実はもう一つの課題も解決する手段を発見しました。
それは本業の悩みを解決できるツールを見つけることができました。
なんとそれはなかなか手を出していなかったKintoneなんです。
昨日のワークショップで実はいろんなことを試してみたのですが。
これ開発に使えます。
C#やPHP・Pythonを使わずにWeb開発ができる見込みができました。
最悪Monacaという手も考えましたが高い。
Kintoneの場合は開発ライセンスユーザ一人持っていたら五ユーザまで使えるというもの。
実は自分事前に持っていたんです。
これを使えばいいということになってきます。
これで本業も安心できるようになりました。

久方ぶりに慎ちゃんと逢坂くんに会えたのも成果がありました。
いろんな話もできましたしね。
新たな仲間も増えましたし自分も正式にCode for GIFUのメンバーになりました。
これからも本業にもハッカソンにもCode for JAPANおよびブリゲード活動も頑張っていきます。

#アーバンデータチャレンジ